記念すべき(?)第1作

幼稚園の「親子工作の日」に子供と一緒に2時間ほどで製作






とりあえず形にしてみた第2作

デフォルメの度合いに模索がみられる段階。
素材は主に粘土。
この後、試行錯誤を繰り返しながら次の第3作へつながってゆきます。



質感が高まった第3作

資料などを基にどこまで作りこむかが問題でした。どこまでリアルにすればよいのか?
またスペース的な制約も厳しく、ミリ単位で削り込みながら完成させました。
ほぼ粘土の作品です。ここから風景の小箱(箱世界)シリーズが生まれていきます。



紙で表現した第4作(パノラマの箱)

水面以外はすべて紙です。かなり写実的になっており、立体感もそれなりに出ています。
ただ質感ではやはり粘土に軍配が上がります。

この作品から派生したのがパノラミックスコープです。

第5作

まだまだ納得がいかないので
いつか細部を徹底した究極のベネチアを作ってみたいと思っているのですが・・・


駄作

英国スコットランド地方、ネス湖畔にあるアーカート城(古城)です。
写真ではそれらしく見えてるかもしれませんが、単調でつまらない作品の例です。

ほかにも、お蔵入りになったのがいろいろと・・・。