箱庭屋        トップページへ           自己紹介       ブログ     資料室            メール
  Home  Work  かいまみ  シーン解説  浅草田甫酉の町詣

シーン解説

大原三千院

伏見稲荷大社

金龍山浅草寺

江戸 浅草田甫酉の町詣
今の浅草では信じられないような光景です。
窓からは田んぼとわらぶき屋根、遠くに富士が望めます.
ここは実は吉原の遊女の部屋、不夜城といわれた吉原も、
江戸幕府からは”悪所”とされ町はずれの田んぼの中に作られていたのです.

「酉の町詣」とは画面右奥の見えない部分にある大鳥神社の祭礼で旧暦11月に行われていました.
晩秋の枯れた風景に雁が飛ぶ淋しげな光景ですが、
猫の視線の先には豆粒のような参詣客が大勢描かれています.
「動と静」対比が面白い画題です

遊女の部屋ということで、それにちなんだ小物が散りばめてあります.
左側にちらっと見えている巻物状のものは「オンコトガミ」といって
いまのティッシュペーパーみたいなものです.

その傍には「かんざし」よくみると飾りには”キノコ”がぶら下がっていたり.
白猫も遊女がよく猫を飼っていたこともありますが、
白猫で遊女そのものを暗示しているともいわれます.
広重の絵にはありませんが行燈を入れてあります.
当時の他の浮世絵にも遊女の部屋に行燈が描かれているからです.

竹筒の後ろから入った光でぼんやり灯るようになっています.
今では考えられないくらい薄暗い江戸の夜が感じられるでしょうか.